Every day is a New Adventure.

おれの人生。おれが主人公

春霖も 威風堂々 咲く桜

f:id:mroreself:20170409132814j:plain
(余談)トレバトというテレビで桜の句を詠んでるのを見て、なんかおれも詠んでみたくなって詠んでみた。

前の記事

先週はあいにくの雨だったのと開花もまだだったので、近所の桜をチラ見するにとどまった。今週末に千鳥ヶ淵の桜を見に行くことを楽しみにしてた。
mroreself.hatenablog.com

んで今週

だがしかし、今週もまたもや雨。しかも土日とも。

悩んだが、雨の中、子ども2人連れて千鳥ヶ淵に行くのはハードルが高すぎて(雨よけとか抱っことか)、行ったとしてもボートも楽しめないだろうし。近所の公園もびしょびしょだし。
残念だがお花見は諦めた。

上の写真は、夕飯後にせめて、と思い、小雨降り続く桜並木を家族みんなでお散歩したときに撮った桜。

桜って、誰が見てようが見てまいが、晴れの日も雨の日も風の日も、ただただその時を待っていたかのように堂々と咲いている。そのけなげさたるや。
そしてあっというまに散ってしまう。その潔さたるやたるや。

というふうにおれは桜を見ていて、いつもウルッとしてしまう。


さてさて。残る今年は、身近にある桜を楽しんでこうと思う。知ってる道を上を向いて歩いてて、桜ここにもあったんだ、っていう発見も好き。

来年に向けては、花見キャンプができる場所を探してこっとー。

続く

一般的なハゲの原因まとめ


(余談)こっちのハゲも威風堂々。

前の記事

前回は自分が禿げてきていると言うことをきちんと受け止めた。どうにかしたい、ふさふさでかっこいいおじさんになりたいと、心に決めた。

mroreself.hatenablog.com

今回の位置付け

今回は、google検索を駆使して、一般的なMGハゲの原因を探ってみる。

おっと、ほんとうはM字ハゲと書きたかったのだけど、"えむじ"と打っても"M字"が出てこず"MG"が出てきてしまう。シャレが効いてる。まだ"M"だよ、でも次は"N"だから何もしないと"NG"になっちゃうよ、ってか。よって今日から"M字ハゲ"改め"MGハゲ"と呼ぶことにする。(google検索したけど、たぶんこれおれ初命名者)

本論に戻す。
なので今回はまず一般的な原因を知ったうえで、自分がなぜいまこのような状態になっているのかを推察していく。

一般的なMGハゲの原因

一般的なMGハゲの原因には大きく3つ(おれgoogle調べ)

1.AGA(男性型脱毛症)

  • テストステロン(男性ホルモン)が頭皮で5αリダクターゼ(酵素)と結びつくと、ジヒドロテストロン(DHT)という物質が発生
  • その物質が毛根を攻撃。成長ができなくなり、抜け毛や薄毛を起こす。これをAGA(男性型脱毛症)と呼ぶ。

2.生活習慣

  • 不規則な生活 睡眠不足︰
    • 成長ホルモンが不足することになり、頭皮髪に悪い影響を与える。
    • 髪の毛の成長は夜間に行われるから睡眠時間が少ないと元気がなくなってしまう
  • 偏った食事:
    • 毛髪を作るためにはタンパク質が必要
    • 代謝を助けるビタミンやミネラルも欠かせない。
    • 脂っこい食べ物を摂っているとコレステロール、中性脂肪が頭皮の毛細血管を詰まらせがち。皮脂の分泌過剰とかも招く。
    • 亜鉛不足。亜鉛はテステストロンをジヒドロテストステロンに変換する作用を阻止する働きがある。不足すると阻止できない。(精子を出しすぎるとそっちの生産に亜鉛が回されてしまい、不足しがちになる)
  • 精神的なストレス:
    • 皮脂の分泌過剰頭皮の血行悪化頭皮が緊張して硬くなる。
  • 喫煙︰
    • 髪に重要なビタミンB,Eを消費する。
    • ニコチンが血管を細くして血行を悪くする。
    • アセトアルデヒドが体内に入り肝臓に解毒を強いる、結果肝臓で髪に必要な栄養素の変換が阻害される。
  • 運動不足
    • 運動不足が続くと血管の筋肉も弱まり、血液を循環させる力が弱くなる。
  • 眼の疲れ
    • 長時間のパソコン使用等で眼精疲労が起こることにより、その血液を頭に運ぶのを阻害してしまう。髪の毛は血液に含まれる栄養で成長するので、成長が阻害されることになる。
  • 間違ったシャンプーの仕方
    • 爪でがしがしして頭皮を傷つける。傷からシャンプーが入る。血液がどろどろに、血流が悪くなる。
  • 過度の整髪料の使用
    • 整髪料をつけて長時間過ごす。つけたまま寝るのも最悪。整髪料で頭皮の毛穴が詰まる、タンパク質が破壊され頭皮環境が悪化。毛根がどんどん細く弱く。

3.遺伝

  • 薄毛に影響を与える遺伝子要素が存在する。両親のどちらかが活性力の高い5αリダクターゼの因子を持っている場合、1.のロジックで薄毛になる可能性が比較的高くなる模様
  • 直接的な要因ではなく、間接的な要因(ハゲやすい体質。ハゲるかはその人次第)

(参考にしたサイト)

自分がハゲてきている原因(推察)

先人の皆様のおかげで、一般的にハゲの原因となるものがよくよく理解できた。
本当に感謝申し上げたい。ありがとうございます。

そして、AGAや遺伝かどうかは置いておいて、"2.生活習慣"は、泣きたくなるくらいおれに当てはまるものだ。まるきり、おれがやっていることが書かれているかのような。もう手が震えるレベルで。もうおでこ禿げ上がるレベルで。

次のアクション

ちょっとショックすぎて、、これ以上今日は考えられそうもない。
次回、今日収集した情報をベースに、1個1個精緻に、自分がMGハゲになってきている原因を推察することにする。

シメになるが、今日これらのことを知ることができたことは、おれのMGハゲの転機になりそうな、そんな予感がする。今知れてよかったや

続く
mroreself.hatenablog.com

一人で腹筋割れるもん(第1週)

f:id:mroreself:20170407194156j:plain

※4月7日のおなかは、もうすぐ左下。一瞬自分のお腹の写真を載せようとしたが、開いてくれた方のpc画面いっぱいにおれのみっともないおなかが表示され、それを誰かに見られでもしたら…と考え踏みとどまった。

前回記事

もろもろの理由から、ライザップに行かずに一人で腹筋割ることを決意した。
mroreself.hatenablog.com

今回の位置付け

それから1週間が経過した今日。
これからは腹筋の状態を定点で記録して行くことにする。定点記録する曜日はそう、キン肉マンの金曜日。

基本情報

※()内は前週差

  • 体重 67.1kg(-2.6kg)
  • 体脂肪率 22.2%(-0.5%)
  • 体脂肪重 14.9kg(-0.9kg)

今週やったこと

食事編

  • 朝ごはん
    • 炭水化物は抜くようにした。
    • 定番メニューは野菜ジュースと目玉焼きとハムとか。
  • 昼ごはん
    • ファミマのサラダチキンと野菜中心。前はおむすびとか揚げ物弁当を好んで食べてたけど、1回も買わなかった。
    • ドレッシングは種類によってcalが全然違うが、これは特に気にせず、そのときの口の気分で決めてた。味を縛って飽きたらつらいだけなので。わりと満遍なく買ってた気がする。
    • あと、便通が悪くて週の後半はヨーグルトも追加。(所感で詳述)
  • 夜ご飯
    • 家で肉菜食中心。米は食べない。あと夜遅くには食べない。

運動編

  • 土曜日
    • マシンジム30分(腹と太腿と肩周り)。10回から15回できるぎりぎりの重さ✖️3セット、インターバル30秒
    • 電子バイク30分
  • 火曜日
    • マシンジム20分(腹と太腿)※閉店間際でこれしかできず

サプリ編

  • 土曜日と火曜日のトレーニング終了後
    • プロテイン3すくい250mmにして飲んでた。シェイカーに粉を入れて行きジムの水で作ると楽。ただ、プロテイン飲み慣れてなくて最初の一口目寸前でおえっとくる。そのうち慣れるか。。

所感

  • 成果について
    • 若干だけど締まってきた気がする。
  • 体調について
    • 便通が悪い。Google先生に聞いてみると、糖質制限を始めると胃がこれまでよりも消化に苦労するらしく、お腹に不調をきたすことがあるもよう。ライザップで言われた整腸のサプリはこのために必要なのかもと納得。あまりひどくなるようなら、なんか買って対処せねば。
  • トレーニングについて
    • もうちょい負荷をあげてぎりぎり10回くらいにしてみようかと。あと週2でそれぞれ違う部位を鍛えるのもいいかもと思った。

以上。今週もやるぞ。

続く
mroreself.hatenablog.com

フルマラソンランナーの箔

前の記事で、30代でやりたいこととして【10】フルマラソン完走することと書いた。
mroreself.hatenablog.com

フルマラソンランナーって、それだけで箔がある気がしている。おれの憧れの存在。

〈目次〉

フルマラソンランナーの箔(推定)

ざっくりと、その箔のレア度を推定してみると…

  • 日本人の30代男性はざっくり770万人。(総務省統計局)
  • 2015年度の国内フルマラソン完走者は30代男性はざっくり7万人。(男全体28万人で30代が約25パーセント(ランニング専門誌「月刊ランナーズ」の2016年調査))
    • ※外国人も含まれてるだろうし、年で数回大会出てらっしゃる方もいらっしゃるだろうからもうちょい少ないか
    • ※ ほんとは”これまでで1回でも走ったことがある人の数”が知りたいけど、まぁそれはいいか
  • とすると、2017年度のフルマラソンに完走すれば、その年で超ざっくり"100人に1人の男"くらいの箔がつくことになる。

いいね。なんかいいね。

フルマラソンランナーの箔が示すもの(所感)

マラソンって他の個人競技と比べても、"個人の強さ"がより問われる気がする。箔は"その強さ"を示している気がする。

たとえば、レース前に練習をどのくらいするか、何を食べるかとかも全部次第。当日のシミュレーションをして策を考えるのも自分。
レース中でいうと、当日の自分の状況、周りの状況踏まえて、ペース配分を考えるのは自分。考えた配分に従って体を動かすのも自分。くじけそうなときにブレーキを踏むのも、アクセルを踏むのも自分。ぜんぶ自分。

自分がもった志、それを信じる強さ、志の実現のための計画、計画を踏まえた動き。
これらすべてひっくるめた結果として"何時間何分何秒"っていうタイムが出る。

こんなに自分をフルに酷使する競技も、"志信画動"すべての強さを問われるものも、結果が明白なものも他にはなかなかないように思う。(トライアスロンとかはあるけど)

だから、そのプロセスを1回だけでも通ったフルマラソンランナーはあらゆる面で強い人であると思うので、尊敬してしまう。それを毎年やってるような人はもう超かっこいい。
※東京マラソンとかでお遊びで変装して歩いてる連中は別に尊敬に値しない。面白いけど。

今後の大まかな動き方

なので、自分もそういう強い人間になっていきたいと思っている。
ただ、目下腹筋を割ることにチャレンジ中なので、フルマラソン完走は息の長い話として、今年はざっくりと

  • 夏までに腹筋割る
  • 以降、腹筋割るために使ってた時間をランニングに振り分けてく
  • 秋or冬にハーフマラソンチャレンジ
  • 春にフルマラソンチャレンジ

という感じで進めてく。

なので、しばらくこのやりたいことはいったん保留!

mroreself.hatenablog.com

友人と定期的に会うことの豊かさたるやたるや


(注)我々はこんなセレブ感はない、ネイティブジャパニーズ,オーバーサーティサラリーマンズ。

やりたいこと10個のうちの1個として、定例月1で飲むくらいの友人を持ちたいってことを書いた。
mroreself.hatenablog.com

友人を持ちたいというか、友人と定例月1くらいでは会いたい、だ。
友人って大事。でも後回しにしがち。後回しにするのをやめていく、というお話。

〈目次〉

友人の貴重さたるやたるや

大学時代に、”毎日会ったら兄弟だ”みたいな生活をした友人たちがいる。切磋琢磨してゼミでの研究やら就活やらをし、土日には朝から晩まで麻雀したり、時には旅行に行ったりしながら、過去・現在・未来の時制を問わず、隠し立てもせず、お互い腹を割っていろいろな話をした。

そんな友人たちとの付き合いも、就職後はそれぞれが新しい環境で自立することに専念するかたちとなり、自然、会う機会はめっきり減った。かれこれ10年くらい薄い付き合いが続いている。

会う機会といえば、結婚式くらい。
結婚式のたびに友人である新郎or新婦を祝福しながら、円卓で別の友人の結婚式に会ったときからのそれぞれの募る話をする。二次会があってもなくても延長して話をする。

何年経っても、歳をとって容姿や背負っている責任やら立つバックグラウンドやらが変わっても、再会の瞬間から昨日も会ったようなくだけた感じで話ができる。

懐を割った話をするスタンスは昔から変わらないから、それぞれの置かれた状況に応じた悩み事や相談事もあれば、仕事もプライベートのちょっとした話もひっくるめて、全部の面でいい影響を与えあえる存在。利害を抜きにしてなんでも話せる存在、とてもとても貴重だと感じている。

とはいっても会う機会はなかなか作れない

そんな友人たちはだいたいみんな結婚し、家庭を持つようになった。数少ない機会である結婚式はもうほとんど一巡した感じ。機会はつくらないとなかなか会えない状態になりつつある。

かといって、日々押し寄せる仕事や家庭生活のなかに身を置くと、そうそうみんなが都合を合わせて会う機会は設けられない。なんらか企画して調整するエネルギーを捻出するのも大変だったりする。みんな忙しい。このままでは次に会うのはお別れの時になってしまうんじゃないか。(極端)

ゆえに月1定例で飲む

だから、いっそのこと月1定例で曜日と時間を決めて集まることにしようと決めた。
その日だけは、みんなそれぞれが諸々の事情を調整して集まれるようにする。濃い時間になるだろう。すごく楽しみ。

その場をベースとしつつ、ときどきは地方勤務の人もこれたり、ゆくゆくはゼミの先輩後輩が入ってきたり、スピンオフ的に家族ぐるみでの企画を動かして親睦を深めたり、そんなふうな場として、共にすることができたらと思ってる。

思うに、大人は、自分の人生を生き抜くことに必死でいつしか自分の人生を客観視すること、疑問視することを忘れがちなのではないか。
友と定期的に会うことで、自分の人生を要所要所で見直し軌道修正をかけて、場合によっては互いの人生でコラボして、よりよいものにできたらどんなにかいいだろう。
そういうことがおれはやりたい。

続く

社会問題について考え始めてみる

前の記事で、ここ1年で「【07】社会問題に敏感になる。答えを持つ」ようになりたいと書いた。
mroreself.hatenablog.com

今回は、いま自分が問題だと思っているものをざざざっと書き出してみる。

〈問題意識と一言コメント〉

  • 全般
    • なんか元気がない…なんとなく日々生きているような。
  • 社会構造
    • 少子高齢化…引き起こされるものとして、経済力減、社会保障制度崩壊など。
    • 核家族化……挙げてみたもののこれは問題なのだろうか。わからない。ただ、いまは一緒に暮らしたい気持ち。
  • 仕事関連
    • ワークライフバランス…長時間労働。過労死。
    • AIとの共生…人に変わるようになるのか?なったとしたら?置き換わった人はどこへ?
    • 退職者の活躍の場…定年退職した方々はまだまだ元気だろうから何かできる気がしてる。再雇用って安い単価でこき使うのではなくて。
    • 女性リーダー…ともすると、女性だから昇進させよう、みたいな風潮が世の中にある気がする。なんかそれって変じゃない?
    • 子どもが風邪引いた時…仕事を休むかシッターさんに頼むか心が痛む。昔よりきっとシッターさんのサービスは充実して来てるのだとは思うけど、手放しで頼めない気持ちがある。
    • 新卒ラベル…新卒じゃなく、大学出ちゃった人に就活きびしすぎじゃない?司法試験目指して途中で断念した人とかの救済が薄い気がする。
    • ビジネスモデルの貿易赤字…新しいビジネスの多くがだいたい輸入物なのが気になる。輸出できるようになるには。
  • 子ども環境
    • ゲーム。スマホ。低年齢化…子どものお守りをスマホでやらせてる人とかみると、それってどうなのと思ってしまう。
    • 子どものいじめ問題…これは昔からあった気がするが、、
  • 未来
    • 社会保障 定年後?…あるの?どうすれば成り立つの?
  • 読めない脅威
    • テロの脅威…怖い。
    • 自然災害への備え 地震、津波…怖い。

もうちょっと情報収集してこうと思う。
あと、まずは、おれが元気になることから始めよう。

続く

春夏秋冬それぞれにお気に入りの場所を見つけたい理由

f:id:mroreself:20170403101157j:plain

前の記事で、30代のうちに【09】春/夏/秋/冬それぞれにお気に入りの場所を見つけたいということを書いた。
mroreself.hatenablog.com

日本の四季が好きなのだ。
春は花見したいし、夏は海で遊びたいし花火もいいな、秋は紅葉を見たい、冬はかまくらとか雪だるま作って遊びたい。

ビルに囲まれ、生まれた時からシティボーイの息子たちにも、四季のよさを感じられるようにしてあげたいと思っている。おれ個人としても、都会に居住を構えたことによって、季節を感じられる機会が減っているような気がしてもの寂しく感じている。

身の回りにあまりないから、1年を通じて、お気に入りの場所で季節を感じられたらどんなにか豊かだろうと思い憧れ、やりたいこととして挙げた。

春は桜。
桜の写真は昨日息子と散歩に行った時に撮ったもの。2歳の息子曰く、「お花ピンクきれいだねー」と。きれいなものがわかるのだ。もっとたくさん見せてあげたい。
木によってばらつきがあったけど全体で見ると4-5分咲きくらいかなという印象だった。今週末がピークかなぁ。

人混みの中で子ども連れてお花見するのも落ち着かないから(暴れたり迷子とかトイレとか…)、大きくなるまでは近所にお気に入りの場所を見つけてそこで過ごすのが良いかなと思い、下見がてら散歩に出かけて来た。

ふと思ったのが、いっそのこと花見ができるキャンプ場を見つけて毎年この時期にキャンプしにいくか。今年はむりだから来年に向けてさがしてみるか。

今シーズンは、独身時代に一度だけ見た千鳥ヶ淵の桜吹雪を見にいきたい。今週末まで桜、持ってるといいな。

(参考)下のサイトが情報豊富だったからメモ。

お花見人気ランキング|花見特集2017

さくらぶ!

2017/04/03 13:17

続く
mroreself.hatenablog.com

ライザップ行かずに腹筋割ることに決めた

〈前の記事〉
1週間くらい前に、ライザップのカウンセリングを受けて、トレーニングを始めることを決心した。
mroreself.hatenablog.com

今日はその後の記事。

〈目次〉

ライザップ行くのやめた。

先週いくって決めたけど、ライザップ行くのやめた。
理由としては主に3点。

※あくまで個人的見解であり、これは自身の日記として書くものであることにご留意ください。

①都合のいい時間が空いてない、おれはいますぐ始めたいのにすぐ始められない

…平日は遅い時間帯に行きたかったが、空き枠がなかった。仕方なく早朝からで調整することにその場で決めたが、後日「やっぱり空き枠ありませんでした」と。
やっぱりじゃないよと。自宅住所伝えてるんだから、近隣店舗で他に調整できないかとか対案用意して電話かけて来てよと。で、萎えた。
※たまたま時期的に混雑してるタイミングだったのかもしれない。春だし、夏も近いし新しく始めたいみたいな人で混雑してるのかも。

②高額なサプリメントをただただ勧めてくることから来る違和感

…全部飲むと月10万円くらい。
サプリメントなんて1ミリも飲んだことがないおれには必要性を理解できず、説明を受けたその場で「いらないでしょ?」と言うと、「全然違いますぜひ飲んで効果を実感して欲しい」と。
「プロテイン相場は知らないけど3万円て高くないか、、到底3種類全部は無理、どれがいちばん売れてるのか?」と聞くと、「1つのものだと味に飽きるので3袋まとめて買う人が結構多いです。それにトレーニングを続けるうちに必要になるし、まとめて買うとお得にうんたら」と。

店を出てからググってみると、プロテインは10分の1くらいでそこそこのものが買えることがわかった。他のサプリメントについても、様々安い代替品があることがわかった。

こちらは情報が無さすぎて投資対効果への疑問を呈してるのだから、他に一般的に流通してる商品で始めてみるのもありかと、とか、そういうのが顧客目線なんじゃないのか。
相場もわからない客に対して、みなさん飲んでます、おすすめです!の一点張りはいかがなものか。

これら一連の流れから、おれの体を変えていきたいと思っているのは"おれだけ"で、この人たちは要は金が欲しいんだなと思ってしまったら、なんか薄っぺらさを感じて萎えた。
なにが「目標実現のため、一緒に頑張っていきましょう!」だよ。
※おれのような金に糸目をつけるお小遣いサラリーマンがターゲットではないだけかもしれない。

③自分でもそこそこにできるんじゃないか?大金をはたく意味?という疑念

…トレーニング50分1セッション1-2万円。継続期間、契約期間で値は変わるが大体そんな感じ。やってくれることは効果的なトレーニングのための指導、トレーニングのための道具貸し(靴は除く)、日々の食事指導。

ふと、おれだけでやってもそんな変なことにはならない気が。そして改めて考えると、1セッション1-2万円て高すぎじゃないか?

いま契約してるジムが月8,000円くらい、徒歩3分、24時間使える、土足でいいから家から着て運動靴履いていけばいいだけ。シャワーは家でやれる。
食事指導も妻が手伝ってくれる。妻はおれに変わって欲しいと思ってくれていて、他の誰よりもおれがやりたいことを応援してくれる存在。これはライザップに行こうが行くまいが同じ。
おれが、いま契約してるジムに習慣的に通うだけなのでは。
※サポートが必要な人にはとてもよいサービスであることには違いないと思う。ただ、自分は自力でどこまでできるかを試してみたくなっただけ。

今後の動き方

ゆえに、ライザップを始めるのをやめた。
自分でやっていくことを決意。

なので、以降は自力で腹筋を割って行く過程(食事/トレーニング/サプリ/その他反省、学びとか)を書いていくことにする。

今日初セルフトレーニングwithプロテインで行ってきた。ライザップに通うほど、超効率的超短期間で結果は出ないと思うけど、時間をかければ結果は出せるような気がする。

続く
mroreself.hatenablog.com

なぜいま次の仕事的なステップを考え始めるか


(余談)会社と恋愛するのはよいことと思うが、その恋愛が成り立つ前提は、"対等な関係での相思相愛であること"であることを忘れてはならない。好き!と伝えるなら、好き!と言ってもらえなければならない。
あ、新社会人の方おめでとう!

前の記事

前の記事で、【06】次の仕事的なステップを持っておくことについて、動いて行くことに決めた。
mroreself.hatenablog.com

今回の位置付け

今日は、動いて行く際に考慮が必要なポイントとそれに対して次をどう動くかを考える。

なぜいま動く必要があるのか

それは、そろそろ限界をむかえる予感があるから。
簡単に自分がいま置かれている状況をまとめると、いま所属している経営コンサルの世界では(昔よりは厳しくないものと思うが、依然)"up or out"という風潮がある。
"up or out"。平たくいうと、"昇進しろ、さもなくば会社を去れ"。
感じている限界というのが、"昇進の限界"。いま自分は中間管理職的なポジションにいるのだが、さらにそのうえに行ける確証というか自信を今のところ持てていない。それもざっくり1-2年以内に昇進しないと去らねばならぬ可能性があるから、動き出すならそろそろ動き出さなくては、と思ってる。

ここで、upすればよいのだから、そのための全力を尽くせばよいのでは?と人に思われる可能性もあるが、実際のところ昇進できずに会社を去って行った先輩/同期/後輩が、全員全力を尽くしていなかったとは思えない。
up or outの差は、"全力を尽くしてるか否か"では無く、"ビジネスとして成果を出し続けているか否か?"。すべての知的労働に共通して言えることと思うが、"投入した力"に見合った"成果"がでるわけではないのだ。
(おれの経験としてもかなりハードな生活(朝から朝まで)をしたが、最低クラスの評価をつけられたことがある。そういう世界。)

限界をむかえた場合のリスク

限界をむかえた場合に何が起こり得るか。

当たり前な話、仕事がなくなる。おれにとって意味するところは、
・創造の場の喪失
…毎回違く何かを変え生み出す仕事である。新しく何かを考え、それを意思決定し、実現させていくというその過程は自分にとってとても面白く、自分を表現する場でもある
・チャレンジする場の喪失
…どんどん任せてもらえ、そのために必要なものを求めるとみな協力的で、自分が主体的に挑戦できる場でもある

仕事を失うと、あたりまえだけど収入がなくなる。すると、いまの収入を前提として成り立っている(成り立つ見込みである)すべてのことがままならなくなる。

・住んでる家
…あと30年くらいローン払い続けないと
・子ども2人を育てていくこと
…大学卒業まであと20年っくらい

つまりは、自分にとって有意義な場の喪失と、いまの生活の前提を揺らがずことになる。無防備にその状態をむかえることはぜったいにさけなければならない。

リスクにそなえるためにしていくこと

以後は、こんな感じで進めてこう。

選択肢の洗い出し
…①自分にとって有意義な場、②生活の前提を維持するための選択肢には何が考えられるうるか?

→選択肢の評価
…それぞれの選択肢の優先順位付け。どの程度①②を満たすものになっているか。また、いまのおれの延長で現実的にとりうる選択肢はどれか。(いまの会社で何をするとどこまで手を伸ばせるか?とか)

→選択肢を取れるようになるためのアクション切り出し
…転職サイト登録、調査とか、エージェント申し込みして話すとか。適宜評価を見直し。

とりたい選択肢の選別と、然るべきタイミングに選択できるためのアクション(いまの会社でやっておくべきことの見極め)を決めておくところまでを、いったんのゴールとする。

続く
mroreself.hatenablog.com

継続的に知層を積み重ねていくことの大切さとやってること

f:id:mroreself:20170331015524j:image

(余談)ACの広告。個人的にはよいメッセージだと思ったのだが、世に大量に流れ出たタイミングは悪かったかもしれない。

 

本や新聞を読んで得られたものは、その人の知識や知恵の層(=知層)となって蓄積される。その考えを、「地層」とかけて表現しました。知層の厚みが増すほど(=読めば読むほど)、見えてくる世界が広がる様子を、青年がはしごを登っていくことで表現し、読書の大切さを訴えました。

 

はじまりの記事はこれ。

こちらの記事の【04】継続的に本を読んで知識を仕入れるに関するもの。

mroreself.hatenablog.com

 

経営コンサルタントとして働く身として、継続的に知識や知恵の層を積み重ねていく大切さを感じている。事業会社にいてもそれは同じだと思う。それを書く。

 

〈目次〉

 

ありがちな"目の前のことだけ頑張ること"の先にあるもの

若い人に多い気がするのは、”自分が与えられた仕事”だけをがむしゃらにやってる人(おれも昔そうだった)。

それだけをしていると、”その会社”の”その部門”の”そのテーマ”の”そのフェーズ”特有の経験値しか積めず、”フェーズ”が変わったり、”会社”が変わったとき、ましてや”テーマ”が変わったときに立ち上がりに苦労する(ほぼ0から経験を積み直すような)ことになりがちな気がする。

 

これは、焦点を絞り過ぎだと思う。

目の前の仕事を成功に導くために考えて動いていくことはもちろんのこと、それに加えて、その自身が関わる領域のたとえば競合、異業種、グローバルの動向や、プロジェクトの流れ、部門の現状課題、そのうえの経営課題、その会社の方向性との関わりなどなどを、多角的に一段二段三段くらい俯瞰して捉えて見ていこうとする姿勢・習慣が重要と思う。

これがあると、自分固有のその経験を般化できて、他の仕事についてもある程度は応用が利いて、立ち上がり早めに、一歩でも二歩でも多く深く刺さっていける人になっていけるのだと思う。

(まだまだ発展途上の身だけど。。)

 

おれがやってること

んで、自分が最低限の日課としてやっているのは、日経ビジネス、日経コンピュータの記事に一通り目を通すこと。(ありきたりすぎて若干恥ずかしさすらあるが…)

 

紙と電子版とがあるけど、自分は電子版を使っている。電子版の自分が感じるメリットを書いてみる。これらがあるから、癖として負荷なく続けられてる。

 

〈電子版のおすすめポイント〉

①どこでも見れる

→スマホさえあれば見れるから、風呂とか電車とか喫煙所とかどこでも、いちいちその紙を持ち歩かないで見れるのがいい。

(過去に冊子で取ってたこともあったけど、紙であるがゆえに持ち歩いたり、それを読むための時間をとらないと読めないから面倒)

 

②スクラップが容易

→スマホのキャプチャで一発。

(紙だと切って貼ってしないといけない。面倒。)

③過去版にかんたんに遡れる

→過去版も同じスマホ一台で見れるから、あれあの号のあの記事が見たい、と思ったらその場で見れちゃう。

(紙だと、家に帰って、あの号どこだっけかと探さないといけない。)

 

④捨てなくていい

→そのままで捨てなくていい。家の場所をとらないで済むから。

(紙だとこれがまた結構な場所を取る。読んだら都度捨てればいいけど、後で見たくなる可能性もあるからそんな簡単に割り切れない。結果、たまる)

 

⑤若干手元に早く届く

→紙が手元に届くのより早く情報を仕入れられる。

 

〈もうちょっと頑張ってほしいこと〉

①キーワード検索できてほしい

→電子版なんだからこれくらいできてほしい。結構、キーワードで覚えてる記事があったりするんだけど、これを探すのとかが手間。キーワードで過去記事を洗いたいときにできない。(それでも紙と一緒)

※これは日経コンピュータはできる。日経ビジネスができない。

 

②テキストハイライト機能ほしい

→この記事のどこが自分に刺さったのかは残せてほしい。あとでコンテンツは見返せるのに、これは残念。(紙とキンドル比で劣後)

 

③日経ビジネスとコンピュータ、見え方使い方のUIの統一

→日経ビジネスが雑誌レイアウト、日経コンピュータはホームページレイアウト。

好みによると思うけど雑誌レイアウトに統一してほしい。無料ホームページ見てるわけじゃないんだから。スクラップもスクリーンショットじゃ意味ない。

 

とまぁそれでもおれは使い続ける

イケてないところもあるけど、紙ではできないことが大きすぎるから、しばらく継続的にデジタル版を読みながら、知層を重ねていくことにする。

 

続く

 

mroreself.hatenablog.com