とにかくなんでもいいから足跡を残しておく

時間の流れが速い。 "昨日"の延長線に"今日"があり、"今日"の延長線に"明日"がある。 あたりまえなそんなことが、そうとは思えない感覚に襲われる。 まるで、ふと思い出すことがある"過去の点"からぶっとんで"今"にいたっているような。 連続性が感じられない。 とにかくなんでもいいから足跡を残さないと。 足跡はつなが…