Every day is a New Adventure.

おれの人生。おれが主人公

こんなつまんないことで、頭掻きむしりたくねーよ


(余談)中国のプール。真ん中にいる人って、どうやって真ん中に来たんだろう。24時間早回しでプールのオープンからクローズまで見てみたいなぁ。

今回のお話

今日仕事で印象に残ったことがあったので、それを書き残すもの。

不用意な情報公開が引き起こすもの

ビジネスで何かを変えようとするとき、不用意に情報を公にすると、制御不能な場外で勝手な憶測が飛び交い、それが大きなうねりとなることがある。

そうなると、変えようとした者たちは、うねりに身を置かれ、身を削られ、本来力をかけるべきところに集中できない状態になる。
こんなプールで泳げるわけないだろ感さながらの感情。

そして、動きは止まる。

セオリーで言えば、頭を一気に抑えるところまでやりきり、そのあと公にすべきであった。しかし時すでに遅し。

うねり始めた目の前の事象に対するスタンスについて、推進メンバーで議論したときにある人は言った。


「こんなつまんないことで、頭掻きむしりたくねーよ」


おれは、この人、すごくいいなと思った。


うねりに翻弄されるのではなく、うねりをつまんないことだと客観的に見ている。うねりの中に身を置きながら、上からその絵を見ている。
頭掻きむしって仕事することを知っている。本気で頭使って仕事をしたことがある人だ。
そしてそれをする価値があるものにこそ、そうしたいということを言っている。これは違うと言っている。
そして、そのうねりを作り出した張本人にも関わらず、抗いもせず身を任せるスタンスを取る無策な人物に怒っている。

激しく同感。

おれがやること

しかし抗ってみようじゃないか。

抗った結果がどうなるにせよ、なかなかできない経験をせっかくしている。
自分がなにができるか試してみよう。

こんなプールじゃ泳げねーけどよー。

〈参考動画〉

Waiting for the wave !!! Pool in Chengdu (China)