Every day is a New Adventure.

おれの人生。おれが主人公

会社の同僚とサシ飲みの巻@とある焼鳥屋


(余談)適切なキャラクターが見当たらず、同僚をサンチョで表現。なんかすまん。

今日のお話〜同僚とサシ飲み

昨日は会社の同僚とサシ飲みに行ってきた。とある焼鳥屋で。おれにとっての備忘録的な記録。

同僚とおれ

おれと同僚は、1年間毎日朝から夜まで同じオフィスで席を隣にし、互いに相談し意見しながら、いろんなものを考えてまとめて、クライアントをスタートの企画段階からゴールの実行までともに走った戦友みたいな関係性。

仕事だけでなく、ちょいちょい飲みに行っては、うまいものを頬張りながら、最近の関心ごと、生い立ち、将来の野望みたいなものを共有してきた。
年齢が同じこともあってか、気兼ねなくなんでも話せるやつで、同僚というより友人。
似たような仕事をしてることはもちろん、次男坊だし、地方出身だし、子ども時代に遊んだおもちゃはほぼ共通だし、大学もほぼ一緒、いま体を改造しようとしてること、炭水化物が大好きなこと(おれは制限始めたけど)とか共通項もたくさんある。

もう1年半?くらい前に別々の仕事につくようになっているがそれでも時々連絡を取り合って、飲みに行って、いろいろと意見交換してる。

備忘メモ〜今後考えていきたいこと

昨日話した中で、AI使ってなんかできんかね?という話をした。AIの可能性はやはりすごい。それぞれが見聞きした情報を交換。今の会社でとかじゃなく、二人でコラボして。新しいビジネスとして。
継続的に考えていきたい。

そしてめでたく結婚するそう。
今後家族ぐるみでの付き合いもしていきたい。が、ちょいちょい二人でまた飲みに行くことも続けて行く。

あ、転職活動の手解きを教示してもらうの忘れてた。。

続く